清原翔さんが緊急手術!病状が気になる。今後の出演等について・・・

NHKの朝ドラ「なつぞら」で柴田家の長男・照男役で活躍されていた清原翔さんですが、6月12日の夕方ごろに外出先で体調不良を訴え、緊急搬送されたそうです。

都内の病院で医師の診断を受けたところ、脳出血の症状が見られたため、同日緊急手術を行ったとのことです。現在、命に別状はないとのことですが、脳からの出血ですので予断を許さない状態が続いているようです。当面の間、治療に専念されるといいうことです。

とても心配です。。。演技力がとても魅力的で今後の活躍も期待していたので、残念なお知らせですが、今は本当にまず治療に専念されて回復されることをお祈りいたします。

事務所からのコメント

所属事務所(STARDUST)は以下のようにコメントされています。

「ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。復帰の時期につきましては、改めてご報告させて頂きます。1日でも早く、皆様の前に元気な姿を見せられるように目指して参りますので、今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒宜しくお願い申し上げます」

清原翔(きよはら しょう)

生年月日 1993年 2月2日 27歳

出身地 神奈川県

身長 185cm

血液型 O型

父が地元少年野球クラブの監督、兄もクラブの選手だった影響から、小学生から中学生時にかけ野球に打ち込む。高校ではバレーボール部に所属。スポーツ万能ですね!高校創業後は、明治大学理工学部に進むが、就学に興味が向かず、大学2年のときにオーディションに応募し2013年より雑誌モデルとして活躍し、現在は俳優としてもよくお見掛けする方になりました。

病状について。

脳出血とは脳の血管が破れて脳の中に出血した状態のことを言い、脳溢血(のういっけつ)と呼ばれることもある。

 血液の塊が脳細胞を圧迫して壊してしまい、突然頭痛や嘔吐、運動麻痺や言葉の障害、意識障害などの症状が起きる。

 脳出血を起こす原因としては高血圧が最も多く、他には、脳腫瘍や脳血管の異常、肝臓疾患などが原因となることもある。

 日本脳卒中データバンク報告書2019年によれば、2018年1月1日~2018年12月31日の期間に入院・治療し、退院した1万1759例で脳出血と診断されたのは2292例、平均年齢は70・7歳。20代での発症は極めて少ない。(スポニチ出典)

いずれにせよ、原因がわかり治療が進み一日も早く元気になりますように。

今後の出演について

今季のドラマ

「アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~」

(7月16日スタート、木曜・後10時)を放送するフジテレビは、関係者が「復帰を願うしかありません」とコメントされています。

 このドラマは、ドラマは石原さとみさん主演の医療もので清原さんは謎の青年・小野塚綾役で出演予定です。既に今年3月にクランクインしてますが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言で一時休止、今月の8日に撮影を再開しているようです。今後については、出演を継続するか代役を立てるかどうかは現在検討中とのことですが、回復して出演してほしいですね。番組関係者は「ご本人の体調を見て事務所と相談します」とコメントされたそうです。

脳出血のリスクを下げるには。。。

コーヒーを飲む男性は、微小脳出血が少ない。という研究データがあるようです。気づかないうちに出血している状態を微小脳出血というらしいです。コーヒーなら飲むことで予防ができるならぜひ飲んでおきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です