水筒カバーの底が抜けて…

みなさんは水筒は何を使っていますか?最近は水筒とは別にカバーが付いているタイプが多く出ていますね。

我が家の子供たちもそれをつかっていますが、これ。。。水筒が壊れる前に底が抜けません?こんな感じに。。。

上の子(男の子)買い替えを一度しましたが、半年くらいでまた穴が(( ノД`)シクシク…)カバーだけで買うと1,500~2,000円します。このスパンで小学校ずっと続いたらたまんねー。。。

と、補修をすることにしました。

抜けてしまった底を厚紙に利用し、幼稚園の絵本かばんの時に購入した布の端切れを利用。

1時間くらいでミシンで縫えるところは縫って、あとは手縫いで本体と縫い付けます。

すると、こんな感じになります。

娘も気に入ってくれました。あと良い点としては同じ水筒を持っている子と区別がつきやすくなったようです。クラスではまとめて水筒の置き場所を決めてあるようで、自分の水筒が見つけやすくなったと言っておりました。

キルティングは、意外と丈夫!以前、息子に作った物ももう半年は超えておりますが、ほつれることもなく、使い続けております。

連れが鬱になり、休職中となれば、金銭的にもの色々きつくなってくるのが実情。。。

これで、水筒の底が抜けることに当分おびえることもありません。(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です