家の床の塗装

我が家の家は築12年目にはいりました。子供部屋の間仕切りに伴い、吹き抜けを埋めてフロアスペースを増やすことにしました。ハウスメーカーではなく工務店で設計から建築までお世話になりました。SE工法という工法で鉄筋のような強さをも集成材を利用して、木材をつかって建築されています。

工務店で全ての工程をお願いする予定だったのですが、今回、現場監督さんが倒れてしまい、人員不足となり、我が家の木材の塗装工程が止まってしまいました。

待てばそのうち、連絡が来るとは思うんですが、床の塗装はメンテナンスとして定期的にやっていたので、まっさらな無垢材に自分で塗装を試みました。

まず、塗装で肝心なのは塗ってはいけないところをしっかりマスキングすること。

こんな感じでマスキング。

マスキングテープは板目との境にきっちり貼る

そしてあとは、ビニール手袋を2重にして(塗装がビニールを透過してくるので)いらない布(子供のシャツなど)を使いやすいサイズに切って塗装していく。

マスキングと床の境目から中央に向かって塗っていく。はじめは木目に逆らうように、その後は木目に沿って塗料を伸ばすときれいに塗れます。

結構塗る作業で力を使います。(笑)

完成はこんな感じでなかなかうまくできました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です