レジ袋の有料化だいぶ定着。コンビニはいつから?

買い物に行くとき、マイバックを持っていくのがだいぶ定着してきましたが、スーパーに行くときはやってる人は結構いますよね。今はコロナでマイバックも入れてもらえなかったりしますが、レジで袋を購入しても入れてもらえないので、やっぱり5円とか払うならマイバックもっていって、自分でいれた方がいいですね。意外と、かごだと入れてくれることがありますね。

コンビニのレジ袋の有料化はいつから?

コンビニでも2020年7月1日にスタートと、張り紙が貼ってありますね。こちらの広告は財務省が作成したものなのでコンビニによって、スタートの時期が違うのか気になりますね。

コンビニによってスタートは違う?

コンビニ大手3者というくくりですので、セブン、ファミマ、ローソンは同日になりそうでうね。財務省のお知らせ通りの7月1日スタートになるようです。

レジ袋の価格はいくらになるの?

スーパー、ドラッグストアはすでにスタートしてますね。大と小に分けて5円と3円なんかで販売していますね。

コンビニはどうなるのか調べてみました。

お国の方針としては、有料化することで、プラゴミの削減を図りたいので価格は1円以上とうたってますね。スーパーに準拠していく感じですかね。2円~5円くらいになるのか?コンビニによって、レジ袋有料とはいえ、来店ポイント累積などでポイントから支払えるなど、できるとありがたいですね。

有料化するなら、ちょっと再利用できるおしゃれなデザインがあったらいいなとも思います。

ミニストップはイオン系なので有料化が始まっているようです。

ファミマの取組み

ファミマは、レジ袋有料化にあわせて、レジ袋の種類も7種類から4種類削減するようです。一般の商品に使用する白のレジ袋は5種類から3種類に、お弁当や麺類などに使用している茶のレジ袋は2種類から1種類にする予定だそうです。

ファミリーマートでは、レジ袋を含む用度品の費用はフランチャイズ加盟店が負担することになるようです。レジ袋の変更で、レジ袋の単価は上昇するが、レジ袋を有料化することで、加盟店の負担は減少するとのことで、加盟店への配慮も感じられますね。

また、2020年に2月19日には、「ファミマecoビジョン2050」を発表し、環境面の中長期目標を設定することで、いろいろと明確化しました。確かに今大問題になってるプラスチックごみ。対策では、容器・包材に植物を原料にしたバイオマスプラスチックや再生PETを配合するなど、環境配慮型素材の使用を進めると提唱したそうです。

オリジナル商品の環境配慮型包材・容器の使用割合を2030年に60%、2050年に100%にするとのこと。。レジ袋などの用度品を含めた環境配慮型素材割合は2030年度までに70%の水準を目指すと、いろいろと具体的に設定しているところがすばらしい。

これまでにもファミマは、「弁当、冷し麺容器等へのバイオマス配合」「サラダ全品エコ容器化」「パスタ・サラダ容器のトップシール化」「サンドイッチ包材の薄肉化」といった対策を進めていて、環境保護に対して積極的な印象をうけますね。

なんでレジ袋を有料化にする?

そもそも、なんで有料化にするのか?それを知っておくと良いですよね。

海洋プラスチックによるごみ問題は、私たちが普段の生活の中で使うプラスチックによって海洋汚染や生態系への影響を与えているということです。

軽量で加工がしやすく丈夫、便利であることから、プラスチックはレジ袋やペットボトル、車や建築資材といったあらゆるものに利用されて、プラスチックと共存している生活ですね。

ですが、その多くは使って捨てるところまでがルーティン。散歩をしていても見かけるのはポイ捨てや不法投棄によって出たプラスチック。これが最終的に海への流出が問題となっているのです。

海に流出したプラスチックごみは回収が非常に難しい。海に流れ着いたプラスチックのことを海洋プラスチックごみと言っています。

その量は年間800万トンとも言われており、既に海に存在しているプラスチックごみは1億5000万トンと推定されています。なんとおそろしい。

(出典:WWFジャパン公式サイト)

人体にも見つかったマイクロプラスチック!こわい

プラスチックごみは大きな形状のまま漂流するものと、細かい粒子として海洋に流れ込むマイクロプラスチックに分かれます。歯磨き粉や洗顔剤にスクラブの原材料のところに表記されているものがありますが、これはプラスチックです。

海洋生物が体内に取り込んだマイクロプラスチックは細かな粒子であり、分解されないため体内に蓄積されている可能性があります。
マイクロプラスチックを飲み込んだ海洋生物が市場に出回れば、それらを口にする私たちの体内にもマイクロプラスチックが入り込む可能性があるのです。

マイクロプラスチックが体内に入り込むことでどのような影響が出るかは、具体的にはまだ解明されていません。しかし様々な物質が付着していることや、体内で消化できないことから良くない影響であるのは明らかです。

小さな取り組みを世界で行うことで、地球を守って、また自らも救われるということですね。有料化、なんでーとかの先を見て、地球の為に、命のためにですね。コロナも大きな目標ですが、地球のために、命のため。がんばりましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です