コロナ対策の特別給付金は10万円に決まった!申請は?受け取り方は?1回だけ?

新型コロナ 対策支援制度

新型コロナウィルスの感染予防で全国的に緊急事態宣言が発令されて中小企業を始め、沢山のお店が収入がなく、困っているニュースを見ると、国の対応の遅さを感じます。

自粛を要請するならば、セットで補助がぜーったい必要!!と強く思います。国の対応が余りにも渋っているので、市町村レベル、県レベル、更にはクラウドファンディングを行い、困っている人を救済しようという人々の行動がとても素晴らしいと感銘しました。

一世帯30万の方向で進んでいたが正式に給付金が1人10万円と設定されました。

給付金は子供ももらえる?

新型コロナ支援給付金の対象者は、住民票のある人(2020年4月27日時点)に対し、1人当たり10万円の給付を行う、とのことです。

総務省のホームページによると、

給付対象者及び受給権者

  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
  • 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

となっているので、受給できるのは住民票に名前がある人なので、子供ももらえることになります。受取りを出来るのは、世帯主だけということになります。家族全員もらえます!

4人家族であれば、40万円になりますね。こちらも給付金は非課税対象ということですが、そんなのは当然そうでなければならないと思います。そこからまた税金を取るなんて言ったら炎上してしまいますよ…。

スポンサードリンク

受取方法は?期日は?

総務省のホームページより受取方法を調べてみました。

 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)及び(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。
 (※)なお、やむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付を認める。その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。
とのことで、極力人と人の接触を避けて給付を進めるという感じですね。


(1)郵送申請方式

  • 市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送するとのことです。

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

  • マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

受付及び給付開始日

  • 市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)
  • 「(1)郵送申請方式」「(2)オンライン申請方式」それぞれに受付開始日を設定可能
  • 申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内

「郵送申請方式」や「オンライン申請方式」などによる申請が必要。

申請受付期間

申請期間は3カ月間で、受付開始日は市区町村ごとに決める、とのことで各市町村で若干のずれがあると思われますね。とりあえず、毎日届く郵便物をしっかりポストで確認しておきましょう!受給漏れを絶対にしないように心掛けましょう。

また、給付金を狙った悪質なメールや電話や訪問人などには注意しましょう。

給付金は一回だけ?

世界の国々で国民を救う政策が行われていますが、日本もやっと給付制度が決まり、心持ち少しですがよかったと思う反面、たった1回の給付でこの先を乗り切れるのだろうか?という不安は消えないですよね。経済がだめになるとかいうこともあるのかもしれないけれど、命を守ることが最優先。不満を大きくするような小さな補助では、自粛が成り立たないです。どうか、腹をくくり、生活を保護できるレベルでの給付をお願いしたいです。

今のところ、1人10万円の給付は今回実施されることは決まりましたが、それ以降の件についてはまだ、決定がなされていません、税金をこういうときに惜しまず使ってほしいです。

ここで救われたら、国民は税金を納めていてよかった、また何かの時の為に、頑張っておさめようと思います。

今の事態の一日も早い終息をねがいます。罹患された方が回復に向かわれますよう、治療に当たって下さる医療従事者の方に心より感謝申し上げると共に、かからないよう、うつさないよう、3蜜を避け、不要不急の外出をせずに過ごしてゆきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です