エアコンの臭いが気になる。自分で掃除をするには?簡単な掃除で臭い解消できます。

最近、蒸し暑くなってきました。梅雨時期に入り、湿度も高く、窓を開けてもジメジメしてて汗がでますね。夜も寝つきが悪かったり、寝てから暑くて起きてしまったりしてませんか?

限界だーっ!と思い、快適な風を求めてエアコンのスイッチを入れました。。

「うっ、くっさい。かび臭い」( ノД`)シクシク…その日は我慢して止めました。

エアコンのお掃除をさぼってしまうとこうなりますね。お掃除機能に頼りきりでお掃除ほったらかしてました。お掃除しても、長い間使わないとかび臭くなります。最近は、テレビのCMでお掃除本舗さんがエアコンのお掃除しますって宣伝してますね。エアコンの掃除、難しそうだし、専門の業者さんがやってくれるなら安心だしー、、、と業者依頼も考えて費用を検索見積もりしてみましたが、結構いい値段します。

エアコン1台10,000円くらいです。しかも良かれと思ってグレードアップして購入したお掃除機能付き、これがまたお掃除業者には手間になるようで、1台20,000円くらいになってしまうようです。

お財布事情的にちょっと厳しいなー、、、でもあのかび臭い風はやだーって思い、何かいい方法をと模索。。。ちょっと自分で掃除してみようと考えました。

お掃除におすすめな洗浄スプレー!

エアコンの掃除には絶対必要になると思います。

調べると、スチームを使う方法、高圧洗浄で水洗いする方法、洗浄スプレーを使う方法といろいろやり方があるようです。どこまでつきつめるか、どれが一番いいのか・・・と調べてみましたが、自分でやっても苦にならないレベルは、洗浄スプレーを使った方法かなと思い、こちらを購入しました。


洗浄スプレーをエアコンの熱交換器の部分にスプレーする方法です。

エアコンのお掃除方法

①エアコンのコンセントを抜き、養生する。

スプレーをしたときに液だれを万が一することがるのと、電気部のところを保護するために、スプレーを吹きかける部分以外を養生します。

②-1 カバーを開けて、フィルターを掃除する。

エアコンのフィルターの掃除くらいまではやりますよね。掃除機でまず表面の埃を吸います。さらにきれいにするには、水洗い、中性洗剤を使って洗う等します。ここで注意するのはフィルターは消耗品なのでメッシュが劣化して破けたりすることがあります。その場合は、最寄の家電量販店やネット販売などで型番にあったフィルターを購入するか、またはかなり長い年数エアコンを使用している場合は、在庫がない場合もあるので新規購入も考えることになりそうですね。

②-2 お掃除機能のあるエアコンの方は、ダストボックスも取り外して、中のたまった埃を掃除機で吸うのがひと手間入ります。

この写真の場合は、手前の青いケースが左右にロック式で脱着できるようになってますのでこれを外します。

ダストボックスは抗菌になっているので埃を吸う程度でよいと思います。

③洗浄スプレーを使って熱交換器の部分をスプレーする。

熱交換器の部分というのうは、エアコンのこの部分です。

ここの表面に埃があって吸って掃除機で取り除くこともよいですが、注意点があります。私はミスってしまいましたが、こちらの熱交換器の部分はアルミ板でできているようで、ちょっと掃除機をちょっとぶつけたら、歪んでしまいました。マイナスドライバーなどでまっすぐに戻しましたが、お掃除の際は、ヘッドがガツンと当たらないように気を付けてくださいね。

ぶつけると、こうなってしまします、😨

洗浄スプレーは、縦に上から下にスプレーを吹きかけます。スプレーは缶によって容量が違いますが、噴霧を初めてから120秒くらいでなくなります。1台につき1本使用することでしっかり汚れを除去して、外につながる配管へ汚れを流してくれます。

1本スプレーし終えたら、熱交換器の洗浄は終わりです。あとは洗ったものを乾燥させて元に戻す。エアコンの作動確認のためコンセントをさしてエアコンをかけてみる。

このような感じで、作業をしましたが、臭いもなくなり心地よい風が戻ってきました。

20,000円を払って業者に依頼することも考えましたが、結果的に自分で洗浄ができたので良かったです。臭いに困っている方がいらっしゃったらこちら手軽でしたのでお試ししてみてもよいかと思います。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です